上尾原市相続遺言相談室 MENU 無料相談実施中

0120-318-316

営業時間 9:00~20:00(平日・土曜)
※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

埼玉県を中心に相続に関する業務《遺産相続・遺産分割協議書・相続放棄・遺言書》の無料相談

遺産分割調停を利用する

相続手続きでは、多額のお金が動くため全員が納得できるように慎重に遺産分割をする必要があります。ですが、相続人が多い場合など、スムーズに進まないことも多くあります。また、遺産分割協議は相続人全員の参加が必要ですが、何らかの事情でタイミングが合わなかったり、話し合いに参加してくれない相続人がいたりすることもあります。

このようにどうしても話し合いが進まない場合は、遺産分割調停を利用することが出来ます。遺産分割調停を希望する場合は、相続人が家庭裁判所に申し立てを行います。すると裁判所から選任された弁護士が調停員となって遺産分割の仲介を進めてくれます。

調停が利用される案件として、法律上での判断が求められる遺留分、寄与分、特別受益などが挙げられます。

  • 遺留分
    法律で定められた相続人の権利。遺言書に特定の相続人が全財産を相続すると記載されていた場合、他の相続人は遺留分を主張して最低限の相続分を確保することができる。
  • 特別受益
    被相続人の生前に、一人の相続人に対して多額の贈与があった場合、その分を相続財産に含めて公平な遺産分割をする。

調停に必要な書類

  • 遺産分割調停申立書
  • 財産目録
  • 相続関係図
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • その他

遺産分割調停の申立てが受理されてから

調停は1ヶ月に1回のくらいの頻度で、最低でも4、5回は行なわれます。

もし調停が不成立となった場合は裁判官によって審判がなされます。遺産分割は調停前置主義といって、裁判や訴訟を提起する前に、調停を経なければならないとする制度をとっています。ですから、原則、調停をしたのちに審判へと進む流れになります。

行政書士諸井佳子事務所は埼玉県上尾市の専門家です

0120-318-316

行政書士諸井佳子事務所は埼玉県上尾市の専門家です

0120-318-316

上尾市を中心とした埼玉県中央エリアにお住まいの方は、お気軽にご相談下さい。

営業時間 9:00~20:00(平日・土曜)
※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

メールでの
お問い合わせはこちら