上尾原市相続遺言相談室 MENU 無料相談実施中

0120-318-316

営業時間 9:00~20:00(平日・土曜)
※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

埼玉県を中心に相続に関する業務《遺産相続・遺産分割協議書・相続放棄・遺言書》の無料相談

相談事例

上尾の方より遺産相続についてご相談

2021年07月07日

Q:行政書士の先生に質問があります。遺産相続の手続きは自分たちだけでできるものでしょうか。(上尾)

行政書士の先生、はじめまして。
私は上尾の実家で家族と暮らしている50代主婦です。

数年前に父が亡くなり、先月母もこの世を去りました。
母には父の遺産相続で受け取った上尾のマンションといくらかの預貯金があり、相続人となる私と弟が相続することになるかと思います。

弟とは仲がいいですし、すでに遺産についての話し合いは済んでいます。
母にはこれといった借金もないようなので、自分たちだけで遺産相続の手続きをしようと話しているところです。
そこでふと気になったのですが、遺産相続の手続きは専門家しかできないものなのでしょうか?遺産相続手続きを始める前にぜひ教えていただきたいです。(上尾)

A:遺産相続の手続きは専門家でなくても行うことは可能です。

結論から申しますと、専門家でなくても遺産相続の手続きを行うことは可能です。
しかしながら遺産相続の手続きのなかには期限が設けられているものもあるため、計画的に進めなければなりません。

また、お母様の相続人はご相談者様と弟様とのことですが、本当に法定相続人がお二人のみなのかを調査する必要があります。
法定相続人がほかにも存在した場合はお二人で遺産分割協議を済ませていたとしても無効になってしまうため、まずはお母様の戸籍を取得して相続人を確定させましょう。
なお、遺産相続の手続きで必要となる戸籍は以下の通りです。

  • 被相続人(今回ですとお母様)の出生から亡くなるまでの全戸籍謄本
  • 相続人の現在の戸籍謄本

お母様の戸籍謄本については過去に戸籍を置いていた自治体すべてから取得する必要があり、お仕事などでまとまった時間が取れない場合には戸籍を収集するだけでも困難だと思われます。
それゆえ戸籍の収集は遺産相続が始まったと同時に取りかかることをおすすめいたします。
なお、これらの戸籍謄本は今回相続される上尾のマンションの名義変更を行う際にも提出を求められるため、必ず取得しておきましょう。

このように遺産相続の手続きは専門家でなくても行うことはできますが、知識や経験がないと予想以上に時間や手間がかかってしまいます。
確実かつスムーズに遺産相続手続きを進める意味でも、専門家に依頼したほうが間違いないといえるでしょう。

上尾原市相続遺言相談室では、上尾ならびに上尾周辺にお住まいの皆様の頼れる専門家として、遺産相続に関するお悩みやお困りごとを全力でサポートしております。
初回相談は無料です。
上尾ならびに上尾周辺にお住まいの皆様、まずはお気軽に上尾原市相続遺言相談室までお問い合わせください。

相談事例を読む >>

上尾の方より遺言書についてのご相談

2021年05月27日

Q:万が一の場合に備えて遺言書を作成しようと考えています。行政書士の先生、遺言書について教えていただけないでしょうか。(上尾)

行政書士の先生、ぜひともお力を貸してください。私は生まれたときからずっと上尾で暮らしている70代の男性です。今のところ体の不調もなく元気に過ごしておりますが、昨今のニュースを見ていると自分の身にいつ何が起こってもおかしくないと思うようになりました。
私には父から受け継いだ上尾の土地とマンションがいくつかと、預貯金などの財産があるので、万が一の場合に備えて遺言書を作成しておこうと考えています。ですが遺言書を作成するのは初でして、お恥ずかしながら何から手を付けていいのか分からない状態です。
すでに妻は亡くなっているので3人の息子が相続人になるかと思いますが、円満な相続手続きができるような遺言書の作成方法について教えていただけると助かります。(上尾)

A:遺言書を作成する際は、相続人同士が揉めることのない内容にするよう心がけましょう。

ご相談者様のように不動産がメインとなる相続の場合、どんなに仲の良い親族であっても揉めることがあるといわれています。ご子息同士によるトラブルを回避する意味でも、元気なうちにきちんとご自分の気持ちを反映した遺言書を作成しておきましょう。

遺言書を作成するにあたり、まずは遺言書(普通方式)の種類について簡単にご説明させていただきます。

  1. 自筆証書遺言
  2. 公正証書遺言
  3. 秘密証書遺言

上記のように遺言書(普通方式)には3つの種類があり、費用をかけることなくご自身で作成できるのは1の「自筆証書遺言」です。しかしながら遺言方式の不備による無効や紛失などのリスクがあり、遺言書を開封するには家庭裁判所で検認手続きを行わなければなりません(※2020年7月より法務局の保管制度において保管されていた自筆証書遺言は検認手続きが不要)。
また、3の「秘密証書遺言」もご自身で作成できますが、自筆証書遺言と同様のリスクがあるため、ほとんど利用されていない方法だといえます。

費用はかかりますが確実な遺言書を残したいのであれば、2の「公正証書遺言」で作成することをおすすめいたします。公正証書遺言は公証役場にて公証人が作成し、原本はその場で保管されるため、方式の不備による無効や紛失などのリスクを回避することができます。

いずれの方法で遺言書を作成する際に注意しなければならないのが、遺産の一定割合を相続人が受け取れる「遺留分制度」です。遺留分の割合を侵害した遺言書を作成してしまうとご子息同士のトラブルを引き起こす可能性があるため、きちんと考慮したうえで作成するよう心がけましょう。

ご相談者様のように初めて遺言書を作成するとなると、不安なことも多々あるかと思います。そんな時はぜひ上尾原市相続遺言相談室まで、お気軽にご相談ください。上尾原市相続遺言相談室では上尾をはじめ、上尾近郊にお住まいの皆様を中心に、遺言書作成や相続全般に関するサポートをさせていただいております。初回相談は無料ですので、スタッフ一同、上尾をはじめ、上尾近郊にお住まいの皆様からのお問い合わせを心よりお待ち申し上げます。

相談事例を読む >>

行政書士諸井佳子事務所は埼玉県上尾市の専門家です

0120-318-316

行政書士諸井佳子事務所は埼玉県上尾市の専門家です

0120-318-316

上尾市を中心とした埼玉県中央エリアにお住まいの方は、お気軽にご相談下さい。

営業時間 9:00~20:00(平日・土曜)
※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

メールでの
お問い合わせはこちら